木工玩具 武田せつこ様へ

武田せつこ様へ

2年前に、犬を彫って欲しいと、無理なお願いをしてしまいました。
選んだ木も、コンクリートみたいに堅い木を選び、本当にすみませんでした。
やっと出来上がりの連絡を受けて、想像しながら飛んで行きました。
想像以上に、存在感のある、素晴らしい犬でした。
感動しています!
犬は台所の近く、いつも見える場所に、近くを通るたびに、触って撫でています。
70歳近い、せつこ様へがこの堅い木を丸ごとノミで削るのは、どれだけエネルギーがいったか。
せつこ様の力強い生命力が、まるごと、この犬に入っています!
人の手で作る仕事は、本当に感動するモノがあります。
私は、まだまだ、あなたの足元にも及びません。
犬の前足が、木の塊のままで、ドカンと床にある重さ。
削りこみすぎない、刃物の跡がそのまま残る、センスや感覚が、私は非常に好きです。
私も、土の仕事をしていますが、、、。
焼き物の土の面白さや、釉薬の美しさを、迷いながら探しています。
焼き物は、やはり土を無視できないことは十分に知っています。
焼成も薪を使った方が、自然の力を借りて、想像以上の世界が見られることも知っていますが、、・
まだまだ、自分の未熟さが、誤魔化せない技術力、モノに出ているのです。
私は、この犬にもっと叩かれなくてはいけないかなぁ。と、感じています。

本物をありがとうございました!
この犬は、私の宝物です。