子供の食器、あなたは好きですか?

最近、よく質問されることは、、、。
「子供の食器を作っているのは、あなたが子供を大好きなのですねぇ!」
または、
「子供のために何かしたいのですか?」
など、質問されましたが、、。

答えは、両方、、。
「いいえ」と、答えてしまいます。

そんな、大きな考えでこの仕事をしていません。

自分でも、何故子供の食器なのか、、、?
考えたことがありますが、分かりませんでした。
後からなら、理由は自分で勝手に作ることができるでしょうが、、。

今までは大量商品を作って来ましたが、自分の作ったものに感情が湧きませんでした。
子どもの食器を作ろうと考え始めてきっかけは、確かにありました。

ひとつ、ひとつ作る作業に、、、時間をかけたい願いがありました。
ひとつ、ひとつ、違う商品を作りたい気持ちもありました。

子どもの食器をやりはじめて、ちびちゃん達の、嬉しそうにカップを握っている写真を、あるお母さんからメールで頂きました。

子どもが喜んでくれることに、とっても感動しました。
子どもが喜ぶ姿が、私を成長させてくれています。
次は、こうしようとか、、。
今度は、ここに子供たちは驚くだろうとか、、?  など、頭をひねり考えています。

子どもの反応は、正直なので怖いですが^^
喜んでくれた時は、すごいパワーで反応してくれます。

そこが、とっても楽しいです。
自分のために、作っているのだと思います。

さて、次はどんなモノを作るのか?
自分でも分かりません。

夢は、その道具を使ってくれた、子供たちの記憶に端のほうに残りたいです。