恐竜大好きな、君へ!

ある日、商品を購入していただいたお客様から電話を頂きました^^
とっても丁寧にお礼の電話で、とっても嬉しかったです。
そのお母さんの声の後ろから、小さい男の子の声が聞こえてきました。

「お母さん!ちゃんとお礼を言ったの!?」と、元気な声で

私が感謝しているのに、電話まで頂きまして
本当にありがとうございました。

「恐竜好きの君へ」

今年は、最高の幸せを私にプレゼントしてくれました。
クリスマスに、あなたはこれが気に入ってくれるだろう、、。と、私が感じる怪獣を贈ります。
三人兄弟でしたよね!
男三人、喧嘩にならないように、3個別々な物を贈ります。
まずは、あなたが選んでね。

欠けたら、金継ぎできるので,私が直します。
大事に使ったら、大人になっても使えます。
どんな、手紙をあなたに書こうか?考え中です。

最近、私はUFOらしき飛行物体を見ました!

近頃、何度も、その不思議な物体をよく見るのです。
もう、オババなので「しぬのかなぁ~~。」
英語で書くと「I wonder if I`ll die,,,,,?」だよ、、。

そちらの夜空も暗いので、UFO発見しやすいと思います^^

おばさんは、その物体を見てからは、宇宙人の食器を考えています。
鶏と宇宙人、、。とか、イロイロです。

怪獣は、クリスマスに届くように送りますね。
君は、喜んでくれるかな?

お母さん、ご迷惑でなかったら気持ちよく受け取ってください。

私は、恐竜の君の声でやる気満々になっています。