癌・自然治癒力「漢方薬やサプリメントは、毒にもなる!」自力がん克服blog / 自然治癒力とは何か?

昨年、治療方法の失敗を少し書いておきます^^
8月中頃まで、超音波の画像検査では、月に3mmから5mm小さくなり、癌は順調に退縮していました。
それまでは、欲を出さずに、、。
「ガン君、存在していてもいいけど,大きくなって悪さしないでくださいねぇ~。」 と呼び掛けていましたが、、、。

9月末に、漢方の相談していた所の漢方薬が変わりました。
そして癌に良いと聞く、サプリメントなど沢山飲み始めました。
10月中頃から、膣や子宮の痛みが激しくなりました。
自分勝手に「これは自己免疫が癌と闘っている痛みだ!  がまんがまん!!」と辛抱して、
12月末に、病院で超音波画像診断で、癌は8月より倍の大きさになっていました。

それでも、癌崩壊の時は炎症を起こし崩壊すると信じ、、、痛みを我慢しました。
それは以前、京都大学の癌治療の資料を偶然に読んだので、そう思っていました。
(癌が崩壊する時は、癌の大きさは大きくなる)と書いてあったのです。

1月10日、さすがに痛みは辛くて、、、。
私は、自分で飲んでるとモノを全て持って、漢方専門の医師に判断を聞きに行きました。

先生は、、、。
「癌患者の良くしてしまう事は、漢方薬やサプリメントなど自分に合わないモノを、沢山重ねて飲むことです。西洋医学の薬も、漢方の薬も毒だから、身体に利くのです。」
「貴方の使っているモノを、全て止めると痛みは消えます。今使っているモノが、全て癌に悪さしているんです。」

その日から、全て止めて激しい痛みは消えましたが、、、。
漢方薬やサプリメントの素人の判断は、大変危険だと良くわかりました。

今月、代替医療を探し、やっと私と同じ考えの先生に出会いました。
漢方薬は、見事に私の身体にあいました。  そして、痛みは2日で消えました。
痛みがなければ、健康な状態です!!

私は、、勇気がないので、このような病院で治療をできません。

●人を機械部品のパーツだとしか見ない,お医者さん。
●パソコンと検査データーだけで、患者を触らない,お医者さん。
●患者の希望を聞かない,お医者さん。
●人間としての尊厳を無視し、辛い治療オンパレードだけしか進めない、お医者さん。

私の安心でるお医者さんは、患者ひとり、ひとり、心や命を含めて、癒しのある医療です。
そして患者自身が心がけ、、積極的な養生を努力しないといけないです。

癌患者や、難病などで苦しんでいる方々に、お勧めする本があります。(病気になる前の方も、おすすめです!)
「心の掃除で病気は治る」   著者  帯津良一

帯津先生はこのように書かています。

「私達はこれから、命の時代を迎えようとしています。生きていくうえでの軸足が、物質的な身体から生命場に移り始めました。
だれにでもある、命の力を引き出すことが、これからの時代を生き抜くための条件なのかもしれません。自分で自分を守るための知恵が求められてそうです。」