癌・自然治癒力「伊豆の旅・喜びと希望を、、」自力がん克服blog / 自然治癒力とは何か?

3月後半、私は家族と伊豆半島の富戸から下田までゆっくり旅行できました。

ワンコ連れての長旅。

いつもの暮らしができるように貸別荘を借りました。

貸別荘は温泉付きで、相模湾、大島、利島が部屋から眺める事ができ、水平線を一望できる家でした。

10年ぶりの長い旅でした。

旅をするのには、痛みがあったので不安でしたが、無理をして出発!!

車の中、座っていることが事が辛かった(**)

癌になってから、無理をしないように仕事はお休みしています。

横になっている時間は、痛みのせいか寂しさと、不安がなかなか消えません。

痛みは精神的にも辛く不安が消えない。

家族に心配かけてはいけないと、無理して大丈夫なふりをする。

布団に横になりながら、心に浮かぶことは、海を見たかった。

無理して東へ出発!!   西伊豆に入った時、車を降りると駿河湾が一望でき、潮の香。

急に胸が熱くなり、ぽかぽかの日差しの中、自分が病気であることを一瞬忘れました。

この病気になってから色々な事を制限してきたので、自分のしたいことをできなくなっていました。

伊豆では、ワンコ達と海岸線を歩いたり、北川でアジのお寿司を2回も^^  いただきました!

お魚屋さんで新鮮なお魚を買ってきて、煮付けたり、焼いたり、刺身を作ったり、一口お酒を飲んでみたり、、、。

心からやりたいことを行動し始めたら、体調は不思議とドンドン良くなってきたのです!

最後の日は、リンパンの腫れもなく、全く痛みは消えていました。

これは、いったいどうゆう事なのか???   

自分でも驚きましたが、家族はもっと驚いて泣いていました。

自然治癒力はどうなっているのでしょうか?  自己免疫力はその中の入りますが、、。

手術して、傷が自然と治る力はいまだに謎です。

癌と心の問題は、とても関係があるように思います。

心からの喜び、希望、夢

無理して笑顔作って、大丈夫ふりをして、強がっても嘘があるので、検査の結果が悪いと落ち込みが大きいです。

一気にリンパ球の数が減っていました。

つらい時は、泣いたり、弱音を吐いたりした方が良いです。

人間は、ひとりで生まれて、ひとりで死んでいきます。

さみしさ、かなしみ、孤独が、人の心の底には必ずあります。

だから、人間は泣いたり、絶望の中でも希望が湧いてきたりします。

この旅で、自分で素直に生きてきたつもりでしたが、、、。

私は長い時間、無理をして心の要求を無視してきたのだと思います。

伊豆の旅から戻り、海や空、魚、みかん、カラス、飛行機、星、月、土地の香を思い出すと、毎日泣けます。

後、海で遊んでいる人を沢山見ました。  

人柄も、暖かく、のんびりしていて、素敵な人たちにも出会いました。

自然治癒力を高める力は、大切な自分の心を解放してあげる事のように思えます。

癌が完治してからと我慢しないで、身体に無理がないように喜びの方向に出発です!

死を受け止める事は、非常に大事な事です。

生に強く執着をして頑張っていた時は、癌は小さくなるどころか、大きくなりました。

今は、生きる希望も考えますが、死ぬことも同時に考えています。

だから、一日、一日、瞬間を大切に生きようと思います。

癌は、悪いものではないように感じています。  私は、いろいろな間違いを修正する時間が持てたからです。

人は、必ず死を迎えます。

もし神様が見ていたら、私にもう少し仕事をさせてくれる時間をくれると思うからです。