陶芸家が考える、現代美術「架空の世界から離れた」/死の世界を忘れている現代人の美術の共通性とは

私が20代の頃、出版社の仕事をフリーで受けていました。

黒柳徹子さんのトットちゃんシリーズなど書籍を編集した、感性鋭い女性方がいました。
彼女は、私の母と同じ年で、沢山叱られ、可愛がられ、、、、。
私は、彼女から沢山の事を学びました。

ある日、彼女は私に質問してきました。

「死をテーマにした本を作りたいけど、あなたどう思う??」

その当時は、書籍のタイトルに「死」があるだけで、その本は売れない。

死は、ダブーとされいました。

私の時代は、すでに日常から死は隠れた時代です。

80年くらい前の日本人は、7割の人が家で生まれ、7割の人が家で家族の中で亡くなりました。

現代は、死は生きる場所から隔離され、漠然と死という言葉だけがあります。

だから、人は死を感じる事がないので、怖いものと蓋しています。

半分は現実の中で生き、半分は架空の世界です。

それが、現代アートに表れていると感じます。

「感覚」

これは、人類の共通する意識です。
共通するから、人に伝わる世界です。
そこに、個性だとか、オリジナリティーなど、固定する世界を頭で作っても無理があります。
そては、日々人は変化しているから、、、。
人は自然の一部なので、人間だけ変わらないのは不自然です。

日本人が忘れている感覚。
中国シンセンの滞在中に見た風景は忘れられません。
スーパーに入ると、お肉屋さんでは豚がそのまま吊るされ解体されていました。
コンクリートは、真っ赤に染まり。
血の匂いが充満している中で、果物があり、野菜があり、パンまで並んでいます。

トイレも、綺麗と言えない状態です。
人の排泄物も、綺麗なレストランの横にあったり、、。

観光都市ではないので、ありのままの姿を経験でき、そこの土地の暮らし方を見る事が出来ました。

人が見たくない世界は、日本では消されていますが、、、。

中国シンセンは、土地の人は暖かく、パワァーがありました。
私は、忘れていた感覚が蘇るような時間でした。

「アートとは本音」

美術は、表現者の本音が出る場所です。
人前で、その人が裸で立っていると同じ状態で、その人の瞬間の姿です。

人の美しさは、何か?
生命なのか?   
または、貴方は別なモノか? 

人は、瞬時にその本音がでます。 
  
わがままに、自分の本心に従えば、谷底に落ちる事もあると思います。

自分の心に忠実に生きる苦しさは、きっと大きな発見と喜び、成長があります。
晩年に、花が咲こうがそれはどうでもいい事だと考えています。
本音に磨きがかかれば、何とかなるでしょう~~^^ 常に前向き、心は上昇中です!