癌・自然治癒の道/仏教絵画「牧牛図」・河合準雄が見つけた何もしない神様

日本の心理学の草分け、河合隼雄さんは、日本の神話の中で登場するが、全く実体のない、働きのしない、名前だけの登場する神様がいる事を見つけた人です。

 

それら「無為の神」と表現しています。

この神さまこそ、日本人の精神の「中空思想」と言っています。

 

思想と言われると、難しくきこえますが。

例えば、友人と二人で「今日のランチ何を食べる?」と相手に聞いて、友人が「何でもいいよ。」と答える。

次に現れる物事を、自然と受け入れている。自己のない状態みたいな、、。

これは、一神教になると、答えは二極化されやすいです。

「善か?」「悪か?」つねに、考え方の中間がない状態で、日本人には息苦しい考え方になります。

 

西洋医学にも当てはまります。

癌を悪と決めたら、徹底的に戦う治療です。

自分の正常な細胞も壊されます。

 

この動画の中で紹介される「牧牛図」は、日本人の仏教思想が表現されていて、とっても面白いと思いました。(動画は24分あります。)

 

10枚、連続的なつながった、お話の絵です。

8枚目は、何もない世界があります。

何も描かれていない絵は、たぶん意味があるから存在しているのだと思います。

私は、この何もない世界の絵を「他力」のようにも感じます。

 

分からない問題は、答えは出さないで、なくさないように、忘れないように、胸に抱きしめて置く。

そのうち、この病気の意味も分かるような気がします。