手描きのカラフルな^^可愛い現代アート・絵画・「もくもくシリーズ」

子供のころ^^

もう50年前ですが、、。

 

夜に、おねいちゃんと一緒に近所の商店におやつを買いに行きました。

お菓子を買って、お店を出てしばらくすると、おねいちゃんは突然私の顔を見て、、、、、。

おねいちゃんは、私を見てニヤッと意味ありげに微笑み。

私を置き去りにして、凄いスピード走るのです!!

暗い道が怖くて、必死で泣きながら追いかけるのです。

私はまだ小さく、足が短いので、おねいちゃんに追いつくはずもなく、、。

 

その時に見ていた夜空の星には、たくさんの色があるのです。

赤、オレンジ、黄色、水色、紫、青、白、、。 夜空の星は宝石でした。

私は泣きながらですが、、、、。

美しい星に心がワクワクしたものです。

 

ここ長野県小諸も、本当に夜空がキレイです!!!

 

でも、私が子供のころに見ていた夜空とは少し違います。

それだけ、日本が明るくなったのか?

地球の空気が汚れてきたのか?

 

昔は自然が近くにあり、自分たちもその一部だという感覚が不思議をありました。

私はいまだに、昔のように空を見上げ楽しんでいます。

 

皆様に、このポッコリ感が届きますように^^