癌や難病で苦しい経験をされている方々へ・潜在意識の力を信じてください!

私は、2年前に子宮頸がんになりました。 抗がん剤、放射線治療で延命治療をすべきなのか?
それとも、この病気になった事を受け入れ自分なりの治療をすべきか?

告知されたときに、治療の選択をお医者さんに迫られます。

6年前に、愛犬たちを最先端の治療をしたのに、苦しい思いをさせてしまいました。

人間は病院で治療し看護されるので、身近な家族はその苦しさを半分病院に任せます。
患者が亡くなっても、ある程度自分たちがした行為に納得できる部分があります。

私は、7年前に愛犬を病気にしてしまいました。
動物は24時間家族が世話をして、治療の選択や世話をして、その子の苦しみを24時間一緒に経験します。

その頃の経験が、現代医療に疑問を持ち始めたきっかけです。

そして、私は一冊の本に出合いました。

私たち人間の身体は宇宙のようで、完璧で、現代医学は数パーセントしか人間を理解できていない事が分かりましす。
免疫力学者 多田富雄「生命の意味論」

この本のおかげで自分の体を信じてみようと勇気をもらいました。そして、癌という不思議な病気に向き合うことになりました。

鍼灸、漢方、食事療法など、自分の信じる治療を積極的に始め半年間は、体調も良かったのですが、、。
現実には、、陰部の痛み,子宮の腫れ、痛みを伴い、常に不安が生じました。

そこで検査結果の数値。
超音波検査(この検査はあくまでも医者の主観で癌の大きさは特定できません。)

お医者さんや、看護婦さんの一言で、どんどん落ち込んでしまうこともありました。

身体の変化に、自分で信じてきた治療を信じられない事もありました。

そして、緩やかですが、状態は非常に悪くなり腸が全く動かない苦しさを経験しました。

昨年暮れに、状態は一気に悪くなり、自分を信じるために誰からか声を掛けてほしかったのです。

「大丈夫だよ」「今の方法で心配ない」「癌は悪者ではないよ」

そんなことを言ってくれる人は、なかなかいません、、。

偶然にも、潜在意識を頼りにしたいと、私は心底思いました。
すがりつくように、、、。
誰かの言葉で、勇気が欲しくって、、。

渡辺昇一「マーフィー成功法則」  マキノ出版  CDが付いています。
その声を聴くと、何とか自分の病気に対する概念が変わり、勇気が湧き、もう一度自分を信じようと思えました。
「マーフィー成功法則」は、自己啓発だと思っていたのですが、、、。

まったく違う世界が存在していることが、この書籍を読む良くと分かります。

病気の人間にとって、、、一番に難しい問題は「自分を信じ切ることです!」
そして病気と共に、生きる喜びを見つけ出すことです!!
 
いちにちいちにち、不安の中から希望を見つけ出すことは、非常に難しい事です。

悲しいことに、常に現実は自分の身体から離れないからです。

そして、今年に入ってから信頼できる友人が、私が苦しんでいることを知って、素晴らし本との出会いを私に届けてくれました。

この書籍は、50年くらい前に出版された本です。
この現実の世界、現在の自分の状態、病気や、苦しみなど、、、、。

自分の経験している現実は、自分で作っている観念、思考、感情が関係している事を分かりやすく書かれています。

そして、それは自分で全てを変えられることです!!

それには、望だけではなく思考や、観念を根本的に変えないといけません。

自分で作った現実を、整理して自分の間違ってきた概念を整理していかなくってはいけません。

お医者さんは、数値だけ見て判断しますが、、、。

自分の体の状態を理解できるのは、「私たちだけです」

西洋医学であろうが、東洋医学であろうが、そこを頼りにすがることは同じな事なのです。

あなたが経験を通して真実だと信じているこのが、真実です!!

そして、自分の信じる治療を、積極的な行うこは大切だと思います。

自分の固まってしまった古い概念を変えることは、非常に大変なことです。

私たち人間は何百年も、この観念に縛られてきていますから、、、、。
観念に縛られたこの物質世界を、まったく違う視点があることを信じることは難しいと思います。

時間がかかっていいので、考えながらこの書籍としっかり向き合うことができれば、自分の苦し現在の経験を、変えられるヒントは必ず見つかります!

この書籍には、現実物質世界を経験している私たちに、、、一番大切なことを、教えてくれています!!

著者ジェーン・ロバーツ  
「個人的現実の本質」

そして同じく、著者ジェーン・ロバーツ 「セスは語る」

この書籍を紹介してくれた友人のメールがとても美しく、私は感動しました。

その方も、苦しみの中からこの書籍に出逢いました。

ここに、友人のメールもここに載せます。

「ついにわかったよ!  病気の治療に必要なもの。

宇宙がなぜ生まれたのか、ヒントがあった。
セスは語る〜からの抜粋です。

セスⅡという存在(セスさんの遠い未来の姿)からの、メッセージの一部分です。

われわれ(セスⅡたち)の喜びが頂点を極めたところから、あなたがたの宇宙(世界)が生まれました。
われわれは計り知れない活力をあなたがたに送っており、意識による構築体すべてを支えています。

ね。
宇宙は喜びから生まれた。
わたしたちもつまり、喜びから生まれ、そこから活力を貰っている。
病気の治癒力には、喜びが必要。
自分の中の光の、喜びの光だけをぜんぶ集めて、特定の部位に行き渡らせよう。
生命は喜びのパワーを原動力にしている。
生命のパワーの根源は、喜びだ。
心臓が動くエネルギーの源は、セスⅡたちから送られてくる(喜びの)パワーだ。

パワーのポイントは現在である。

治療のポイントは、喜びである。

喜びには、真性の治癒力がある。

治療は、喜びのパワー(光)だけを選んで集めて、意図的に使うことだと思います。

すべての生命も、すべての構築体も、もちろん宇宙も、喜びから発生し、喜びを発し続けています。
雪のひとひらも、空き缶一つも、喜びに満ちて見えます。
セスⅡさんたちは、頂点を極めた喜びの活力を、今もわたしたちに送り続けてくれています。

A-1レベルで、自分の中の光を治療に使うとき、特に喜びの光をいっぱい集めて、使ってみてください。」

私と同じく病気や、難病で苦しんでいる方々へ。

これらの書籍が、皆様の手に届くことを願います。

そして自分で作ってしまった病気は、自分で完治させる治癒力があります。

全ての人間にはその能力が備わっていることに、、、皆様が気付く事ができますよう、、。

私たちは無限の存在です。

私たちは,何故この世界に生まれ。

この物質世界の辛い経験をするのか?

すべての人達がその状況を、潜在意識の力で変えることができる事を、、、皆様方に伝わりますように。